現代

ご存知F86F,朝鮮戦争でMig相手に活躍、主武装はまだ通常の機関砲のみ。

初代ブルーインパルス仕様です。

最後の有人機と言われた機体、武装はバルカン砲とミサイルだがミサイルの搭載量は少なく,機関砲が主力兵装だった。極端に翼が小さく操縦が難しかった。

F86F

F104

戦後最も有名と言って良いくらいの機体。武装はミサイルとバルカン砲の併用だが、ミサイル搭載量はスパロー、サイドワインダー等、多くなりミサイルが主兵装となった。

    

米国製の自衛隊輸送機、海外遣の要員・資材の補給に活躍。しかし、輸送機としては小さすぎる時代となった。

F4EJ

C130

F-16をベースに日米共同で開発された支援戦闘機、F-15と共に自衛隊の主力となっている。

 

機体、エンジン共に純国産の練習機、練習機としても司令部直協機等にも使用されている。写真はブルーインパルス仕様。

F-2A

T-4

自衛隊の主力機であり、旦に飛ばすだけなら素人でも出来ると言われるほど自動化が進んだ機体。しかし、能力をフルに発揮させるにはピアニストの様に指が使えないといけないと言われる。

国産の超音速戦闘機パイロットの訓練用。推力3.2tのアフターバーナー付きターボファンエンジンを2基搭載して、最大速力マッハ1.6。練習機として使われていたF86Fの後継機であり、2代目ブルーインパルスでも使われた。

写真はブルーインパルス仕様。

F-15

T-2

フランスで長期間使用された機体。三角翼が美しい。 

ミラージュの後継機、登載ミサルのエグゾセは脅威の対艦ミサイルとして有名。(写真で翼下にあるのは増加燃料タンクです。エゾセじゃありません。)

 

ミラージュ3

シュペールエタンダール

シュペールエタンダールの後継海軍機、カナード翼と下反角を持った機体が美しい。ミラージュの伝統を生かして、軽量小型でありながら搭載量も大きく多目的に運用できる戦闘機。

ME163コメートみたいでリアルタイプよりかなり可愛いですね。

ラファールM

F-117ナイトホーク

無尾翼デルタ全盛のミラージュシリーズの異端児。後退翼と水平尾翼を組み合わせた通常形式を採用したのは、戦術戦闘機として必要なSTOL性能の向上のためで、着陸速度では20%、滑走距離して30%の短縮が可能になった迎撃を主任務にしていたため、対地攻撃能力は限定されたものである。

国産の自衛隊輸送機、転圧しただけの滑走路でも離着陸可能。載重量はC−130の20tonに対8tonと少ない。STOL性に優れ国のどの飛行場からも離着陸可能。また、貨物室の扉が大きく開き物資の空中投下も可能。

ミラージュF1C

C-1

2006年3月に全機退役してしまったが、純国産の中等練習機。プロペラ機による初等練習を終えたパイロットがこの機体で訓練を受けた。純国産であるばかりでなく第二次大戦後の日本最初の実用ジェット機でもある。初飛行は1958年。

F-5EタイガーIIはF-5A/Bフリーダムファイターの発展改良型だ。東側の戦闘機がMiG-17やMiG-19からMiG-21へと能力が高まっていく中で、F-5Aにもその能力向上が求められるようになった。新型供与用戦闘機の開発をメーカーに求め、1970年11月にノースロップF-5-12が採用されてF-5EタイガーIIの制式名称が与えられた。

T-1B

F−5E タイガーU

F-5EタイガーUの某漫画バージョン。

この後、主人公はF−20タイガーシャークやXB−29を使用しました。

F-4の後継機としてグラマン社が開発し米海軍に採用された艦上戦闘機。初飛行は1970年、部隊配備は1973年より進められた。

しかしコストとメンテナンスの面から飛行性能は劣るがF/A18スーパーホーネットに順次切り替えられ2006年に全て退役となった。

F-5E タイガーU

F-14A  トムキャット

VF-84ジョリーロジャース風

チャンスボート社が開発し、アメリカ海軍とアメリカ海兵隊を中心にフランス海軍とフィリピン空軍で使用されたジェット艦載戦闘機。当時の陸上機をも凌ぐ高性能を誇り、また極めて信頼性が高く、扱いやすかった。同じエンジンを搭載する空軍のF-100戦闘機が最高速度マッハ1.3だったのに対し、本機はマッハ1.7に達した。

F-14A  トムキャット

F-8E クルセイダー

A-10はベトナム戦争の教訓を元にアメリカ空軍が立案した新攻撃機A-X計画により、フェアチャイルドが開発した近接航空支援(CAS)に特化した攻撃機。愛称はサンダーボルトII(Thunderbolt II)。初飛行は1972年。 少し濃い迷彩で作ってみました
A-10A サンダーボルトU A-10A サンダーボルトU
旧ソビエトで開発されたジェット戦闘機、MiG−9に続く機体。  高性能ターボジェットエンジンを搭載し、片持ち中翼単葉翼を持つ単座戦闘機で英国RR社製ニーンエンジンを複製した、クリモフVK−1エンジンを搭載している。朝鮮戦争で活躍した。 1956年に旧ソビエトでショーで初公表された機体。ライセンス生産やコピーも含めて最終的に13,000機以上が製造されたたマッハ2級戦闘機。基本的に格闘戦ではなくミサイルによる迎撃戦を主眼とし、西側陣営のベストセラー戦闘機である F−4ファントムIIや F−104スターファイターなどと死闘を演じた。
MIG-15 MIG-21
所属部隊不明のMig-21 スホーイ社の自主開発で1997年に初飛行、2000年にSu-47に名称が変更された。米国X−29と同じく、高機動性を主眼にした前進翼機ではあるが、正式採用にはなっていない。
MIG-21 S-37(Su-47)ベルクト

上の機体のリメイク版

松島基地所属

 

T-4