第二次大戦時代及びそれ以前

真珠湾から大戦中期まで大躍、しかし馬力にものをいわせた米軍の一撃離脱戦法にはかなず、最後には爆弾を抱き特攻に。

真珠湾ではゼロ戦と名コンビ、しかし鈍足の為に、対空砲火や敵戦闘機のエジキになりやすく、九九棺箱といわれるまでに。彗星艦爆の登場が遅すぎた

ゼロ戦

九九艦爆

九九艦爆の後継機となる機で、液冷エンジン、胴体内爆弾槽導入等で高速化を図った機体。飛行は1940年末だが、エンジン不調に悩み、搭乗員の技量も落てきた時代であり、実線での戦果は少ない。

4200kmもの航続距離の中型撃機、その航続力で敵陣奥の戦拠点の攻撃が可能だった。

反面防弾設備は貧弱で敵の一で火達磨となり、「一式ライター」の不名誉なあだ名が付いた。

機体はずんぐりむくっりの葉巻であだ名との相性が良い??

 

彗星艦爆

一式陸攻

九州飛行機が開発した機体。高速と、重火力のために先尾翼とした珍しい期待だが、初飛行後すぐに終戦となり、実線では稼動していない。プロペラが後ろにあり、乗員脱出時の危険回避の為に、射出座席の使用も検討され

た.

日本唯一の夜間戦闘機。30mm斜銃を背にして、迫り来るB29迎撃に飛び立った。

美しい名前とは裏腹の夜の殺戮者。

震電

月光

有名な急降下爆撃機、サイレンと共に急降下し、音と爆弾で人々恐怖に陥れた。

しかし、イギリス侵攻時には旧化しており、スピットファイアーやハリケーンのエジキとなった。

 

Me109の後継機、航続距離の不足を増加燃料タンクで補い善戦した。米英のドイツ攻撃に立ち向かった名機。

 

Ju87

Fw190

ドイツの主力戦闘機、大陸侵攻時には、Ju97と共に大活躍したが、イギリス侵攻時には航続距離不足で充分な活躍ができなかった。

 

世界初のジェット戦闘機で爆弾を積み戦闘爆撃機としても使用れた。大戦終末期の登場の為に戦果は少ない。

エンジンを両翼に吊るしているはプロペラ双発機のなごり、現代のジェット機では双発でも空気抵を減らす為に、胴体にエンジンがある。

Me109

Me262

世界初の実用ロケット戦闘機、日本の秋水の原型となった。時速800km以上の高速だが、滞空時間は8分程度と短くB29迎撃用に考えられたが戦果は少ない。

 

Me323は当初、グライダーMe321として開発された機体で、後に6基のエンジンを搭載し自力飛行可能とした。あまりに大型のため低速で運動性も悪い。しかし、輸送機としては非常に強力な武装を施しており、積載能力は17.7tで軽戦車や100名以上が搭乗可能だった。主に北アフリカや地中海方面で使用された。

 

Me163(コメート)

Me323(ギガント)

ドイツの夜間戦闘機、一晩で敵爆撃機を5機撃墜の記録を持つが、登場が1943年と遅く、軍内部のもめごとで268機しか作られなかった。

前後にエンジンとプロペラを配した、高速重戦闘機。

770km/Hrの高速を出したが、3機生産されたところで終戦となり実戦には使用されていない。

後部にもプロペラがある為、脱出は射出座席が用いられ、同時に尾部を爆破するよう設計されていた。

He219A(ウーフー)

Do335A(プファイル)

類を見ない日本海軍海中空母、イ400型に搭載された特殊攻撃機、空母の中に折りたたまれて搭載されるが、浮上から3分で発進できるという特徴を持つ、大型爆弾や魚雷搭載時にはフロートは装着されず、攻撃後は機体は着水し、乗員のみ回収される計画であった。

晴嵐

晴嵐&mini晴嵐(A4とA5)

日本海軍最初の全金属単葉戦闘機。日本の航空技術が欧米各国の模倣を脱して、日本独自の優秀機を製作し始めた最初の機体。

三菱と中島の競争試作により三菱が選ばれた。設計主任者は後にゼロ戦を開発した堀越二郎技師。

第二次世界大戦末期にドイツのアラド社によって開発された世界初のジェット推進爆撃機。当初はジェット偵察機として開発された。初飛行は1943年6月。もともと偵察機として設計された機体であったため爆弾搭載量も少なく、また単座で爆撃手がいない為、精密爆撃はできず、戦果は期待できなかったと思われる。

九六艦戦

Ar234(ブリッツ)

民間用高速郵便輸送機として開発され『空飛ぶエンピツ』とあだ名を付けられた、極限まで絞られた胴体となっている。

主翼が肩翼配置であったため胴体中央に爆弾倉を装備することは簡単で、1935年には爆撃機型が試作され開戦初期のドイツ軍の主力爆撃機となった。

敗戦間近のドイツが国民の士気を高めるために開発した「国民兵器」の飛行機版、フォルクスイエーガーとも呼ばれる。1944年12月に初飛行し、種々の不具合があったにもかかわらず、改良されずに1945年2月末には実戦部隊が創設された。しかし連合軍の爆撃と燃料不足で効果的な活動は殆ど行われていない。

Do17Z

He162aサラマンダー

低翼双胴という偵察機の常識を破った機体。良好な視界を得るために、中央に大きなガラス張りのゴンドラを持っている。この融通のきく形式の為に、後にはゴンドラを装甲化した、軽攻撃機や夜間戦闘機にも流用された。

FW189A

FW189A  濃迷彩

FW189A  濃迷彩

日本海軍が開発し、太平洋戦争後半に実戦投入した局地戦闘機。陸上基地から短時間で高高度を飛来する爆撃機に立ち向かうため、上昇力が重視され、爆撃機用のエンジンを搭載した。前方視界が悪く、離着陸が難しく初級パイロットからは殺人機という評判があった。

雷電

Me262A

Me262A濃迷彩バージョン

長距離を飛んで敵地を爆撃する戦略爆撃の先鞭を付けた日本海軍機。爆弾800kgと機銃3丁の武装を持つ。昭和11年に採用され、第2次大戦では第1線では旧式化し一式陸攻と交代したが、索敵や対潜攻撃などに使用され終戦まで活躍した。

紫電の二一型以降が紫電改と呼称される。従来の中翼を低翼化した。遠方から見るとF6F ヘルキャットとよく似ており、日本海軍パイロット自身が誤認しかけるほどだった。

九六陸攻

紫電改